イトラコゾールの薬理作用について

細菌が病気を引き起こすのと同様に、真菌によっても病気が引き起こされます。
それを真菌感染症といい、具体的には、水虫(白癬菌感染症)、カンジダ症などがあります。

そこで、真菌感染症を治療するお薬として、抗真菌薬があります。
イトラコナゾールはその一種で、アゾール系抗真菌薬という種類です。

真菌は、原始的な細胞を有する細菌と違い、私たちヒトに近い細胞を持っています。
しかし、その構造・構成に大きな違いがあります。
イトラコナゾールの薬理作用は、その違いを利用して効果を発揮します。

ヒトの細胞には、細胞膜と呼ばれる膜があり、この膜の構成成分はコレステロールと呼ばれる脂質です。
一方、真菌にも細胞膜が存在しますが、真菌の細胞膜の原料は、コレステロールではなくエルゴステロールと呼ばれる物質です。

エルゴステロールの生成を阻害してしまえば、エルゴステロールは真菌の細胞膜にとって重要な成分なので、真菌に対して毒性を与えることができます。

このように、真菌だけに特徴的な物質を阻害し、真菌だけに毒性を与えるのがイトラコナゾールです。

真菌には多くの種類が存在します。
その中でも、イトラコナゾールは白癬菌、アスペルギルス属、カンジダ属など、幅広い真菌に対し、強力な抗真菌作用を有します。

イトラコナゾールは、爪や皮膚への移行性・貯留性もすぐれていることがわかっており、本来なら難治性である爪白癬にも高い効果を発揮します。
また、爪・皮膚などの表面に存在する真菌だけでなく、内臓などの奥深くで発症する深在性真菌症(肺真菌症など)に対しても、とても有効なお薬です。

このような特徴により、イトラコナゾールは、医療現場で幅広く使用されています。

■同じ菌でも種類によって治療方法は様々です
ピンポン感染するクラミジア