いぼの治療や爪水虫に悩む女性にはイトラコナゾール

イトラコナゾールは白癬菌やカンジダといった真菌(カビ)を殺菌出来る成分で、真菌が原因となっている病気の治療に使われる薬です。
真菌が原因となる病気のことを真菌症と言いますが、身近なものとしては白癬菌が原因となって起こる水虫(足白癬)などがあります。
イトラコナゾールは爪白癬(爪水虫)や爪カンジダ症の治療にも適しており、皮膚科などで処方されています。
さて、真菌症の中で女性がかかることが多い病気に膣の真菌感染症があり、膣カンジダ症(カンジダ膣炎)とも呼ばれています。
この病気はカンジダという真菌が膣に感染することによって発症しますが、妊娠が可能な年齢の女性によく起こる病気で、特に妊娠中の人や太りすぎの人、糖尿病の人、免疫力の低下している人が発症しやすい病気です。
イトラコナゾールはカンジダ属にも有効なので、膣カンジダ症の治療に使われることもあります。
イトラコナゾールは購入するのに処方箋が必要な薬なので、おりものの異常やかゆみなどの膣カンジダ症が疑われる症状がある女性は、婦人科や産婦人科を受診して薬を処方してもらいましょう。
ところで、真菌が原因の水虫と並んでよく耳にする皮膚病に、いぼがあります。
いぼは手足や顔などの他、足の裏や外陰部、肛門の周囲などにも出来ることがあり、その発症の原因はヒトパピローマウイルスに感染することです。
ヒトパピローマウイルスは100種類以上もあり、放っておいても自然治癒するものもありますが、いぼの数がどんどん増えていったり、大きくなっている場合には、他の人にうつす可能性もあるため、皮膚科に相談し適切な治療を行うことがおすすめです。
いぼ治療の方法には塗り薬、貼付薬を使うものから、液体窒素を用いた冷凍凝固療法、炭酸ガスレーザーでの治療などがあり、患者さんの症状によって有効な治療法が違う場合が多いので、病院で診察を受け、焦らずに治療に取り組むのが治癒への近道となります。