いぼの治療や爪水虫に悩む女性にはイトラコナゾール

イトラコナゾールは白癬菌やカンジダといった真菌(カビ)を殺菌出来る成分で、真菌が原因となっている病気の治療に使われる薬です。
真菌が原因となる病気のことを真菌症と言いますが、身近なものとしては白癬菌が原因となって起こる水虫(足白癬)などがあります。
イトラコナゾールは爪白癬(爪水虫)や爪カンジダ症の治療にも適しており、皮膚科などで処方されています。
さて、真菌症の中で女性がかかることが多い病気に膣の真菌感染症があり、膣カンジダ症(カンジダ膣炎)とも呼ばれています。
この病気はカンジダという真菌が膣に感染することによって発症しますが、妊娠が可能な年齢の女性によく起こる病気で、特に妊娠中の人や太りすぎの人、糖尿病の人、免疫力の低下している人が発症しやすい病気です。
イトラコナゾールはカンジダ属にも有効なので、膣カンジダ症の治療に使われることもあります。
イトラコナゾールは購入するのに処方箋が必要な薬なので、おりものの異常やかゆみなどの膣カンジダ症が疑われる症状がある女性は、婦人科や産婦人科を受診して薬を処方してもらいましょう。
ところで、真菌が原因の水虫と並んでよく耳にする皮膚病に、いぼがあります。
いぼは手足や顔などの他、足の裏や外陰部、肛門の周囲などにも出来ることがあり、その発症の原因はヒトパピローマウイルスに感染することです。
ヒトパピローマウイルスは100種類以上もあり、放っておいても自然治癒するものもありますが、いぼの数がどんどん増えていったり、大きくなっている場合には、他の人にうつす可能性もあるため、皮膚科に相談し適切な治療を行うことがおすすめです。
いぼ治療の方法には塗り薬、貼付薬を使うものから、液体窒素を用いた冷凍凝固療法、炭酸ガスレーザーでの治療などがあり、患者さんの症状によって有効な治療法が違う場合が多いので、病院で診察を受け、焦らずに治療に取り組むのが治癒への近道となります。

イトラコナゾールと京都と尿道について

イトラコナゾールを服用することで、真菌を包見込んでいる細胞膜へダメージを与えることになります。そして真菌を強力に死滅させるのが、イトラコナゾールの作用です。イトラコナゾールは、カンジダやクリプトコッカス、アスペルギルスなどの病原真菌の発育を抑える働きがあります。腟錠としての外陰腟カンジダ症の治療にも使われます。

カンジダ膣炎などの病気も、京都の病院で診察することができます。京都には性病の相談や、婦人科を受診するにしても、女性の医師も見つけることができますから、抵抗のある人でも安心です。京都では大きな病院もありますが、個人病院もあるので、利用しやすい病院を見つけやすいでしょう。

膀胱炎も尿道炎などの悩みの治療に関しては、基本的に抗生物質を使った薬物療法が基本となります。尿道の悩みでも、慢性膀胱炎のときには、元となる基礎疾患をまずは治療することが先決となります。男性の場合は、尿道炎を起こす原因は3つほど考えられます。淋菌性尿道炎と非淋菌性尿道炎では、同治療するかの対処法も違いがあります。

男性に尿道炎の症状ができやすいのは、クラミジアに感染した時です。性器分泌物や尿を採取して、その血球を調べることで正しい診断をすることができます。性器クラミジアで出てくる症状は、とてもゆっくりと進行していく傾向にあります。尿道のにおけるかゆみとか、排尿痛があったとしても、軽い症状であることが多いこともあり、自覚症状を感じにくい人もいます。奥に進行した菌が、放置することで睾丸まで接近してしまい、副睾丸炎を引き起こすこともあります。そうなると男性であっても、それが不妊の要因となることがります。性器クラミジアに感染がわかったら、治療を先延ばししないことです。

性器にイボが出来たらhiv感染予防にイトラコナゾール

性器の周囲にイボが出来たら、尖圭コンジローマを疑うのが良いです。尖圭コンジローマは、ヒト乳頭腫ウイルスの感染によって発症し、性器クラミジア感染症や性器ヘルペスウイルス感染症と並んでよく見られる性感染症です。患者は10代後半~30代の若者が中心で、女性の方が患者数が多いです。性行為によって誰でも感染する可能性があります。イボの色は白やピンク、黒色など様々で、先がギザギザになっています。症状の進行には個人差がありますが、人によっては放置してイボの数が増えることがあります。尖圭コンジローマで注意するべきことは、hiv感染予防です。通常の性行為ではおよそ2%の確率でhivに感染しますが、尖圭コンジローマでは感染リスクが数倍~数百倍になります。それは、イボの傷口がhivの侵入経路になるためです、海外ではhiv感染予防のために、尖圭コンジローマの治療を積極的に進めています。そこで治療に使うのがイトラコナゾールです。イトラコナゾールは、人には作用しませんがウイルスには毒性を示す薬です。ウイルスの細胞膜の主な成分はエルゴステロールです。イトラコナゾールはこのエルゴステロールの作用を阻害するので、ウイルが生存できない環境を作ります。人の細胞膜はコレステロールでできているので、薬の影響を受けません。イトラコナゾールでイボが消えても、パートナーが感染していると再発します。尖圭コンジローマの治療後3ヶ月間の再発率は25%です。パートナーのhiv感染予防でもあるため、尖圭コンジローマは完治させることが重要です。治療中は傷口ができやすく様々な病原体が侵入する恐れがあるので、治療が終わるまで性行為は避けます。

イトラコナゾールとカンジダ特異的抗体で検査キット

イトラコナゾールは真菌感染症に対する治療薬として幅広い菌種に有効なことが特徴である抗真菌薬です。皮膚糸状菌全般に加えて、カンジダ、マラセチア、アスペルギルス、クリプトコッカスなど、多くの真菌症の原因となる真菌に対して有効であることから頻繁に使用されています。内服で使用できることから深在性の真菌感染症に対しても有効であり、呼吸器や消火器、尿路や髄膜などで真菌症が生じた場合においても使用できるのがイトラコナゾールです。カンジダ属の真菌に対する感染症は真菌感染症の中でも頻度が高いものであり、その検査から治療までがよく確立されています。カンジダに対する特異的抗体を用いる検査が実施可能であり、速やかにカンジダ感染を確認してイトラコナゾールによる治療を開始することができるでしょう。概して皮膚カンジダ症や口腔カンジダ症といった外観で患部が見やすいものを除くと原因病原体がわかりづらいこともあり、特異的抗体を使用する検査キットを用いて感染を確認することが一般的となっています。検査キットにもいくつかのものがあり、性感染症として知られる性器カンジダ症の場合には性病の検査キットを用いることで他の性病と一緒に検査を行ってもらうことも可能です。性病の場合には恥ずかしくて医療機関にかかれないという人も多く、そういった人たちが気軽に検査を受けられるように自宅で素人でも使える検査キットが流通するようになってきました。自分で検体を採取して郵送することによって特異的抗体による検査を行ってもらえるというのが一般的なものであり、それによって感染確認をすることが可能です。しかし、性病ではないカンジダ症にかかっていても検出されることから、最終的には医師の判断を仰ぐことが大切になります。

完治の時期を早めるイトラコナゾール

イトラコナゾールを使用することで通常完治させることが難しく時期に関係無く痒みを伴う水虫を治すことができます。
発症している症状により塗り薬と飲み薬を使い分けるということが一般的です。
このように水虫に効果があり完治させることも可能なイトラコナゾールは原因となっているカビを殺菌できる働きがあり飲み薬として使用される方が多いです。
イトラコナゾールにより症状を完治させることができるのは殺菌に加えウイルスの繁殖を防ぐ作用によるものです。
塗り薬の場合では通常症状が治まる時期であっても一向に改善しないということが起こります。
しかし、イトラコナゾールを飲用し体内からウイルスを除去することにより根本的に解決することが可能になるのです。
他の薬に比べると副作用が少ないため、処方する病院が多いというのが実態です。
しかも、イトラコナゾールは一度飲用することにより続けて飲まなくても身体の中に薬剤の効果を長く残すことができます。
そのため通常であれば再び薬を摂取しなければならない時期であっても飲む必要がないのです。
当然、手間が省ける上に身体にかかる負担も小さくすることができます。
イトラコナゾールを用いる際には特殊な療法が行われます。
この方法は、およそ1週間継続的に摂取し3週間薬を飲むことをやめるという周期を3回行います。
これまでの方法は半年間連日服用しなければならなかったため、飲む期間が大きく短くなったと言えます。
しかし、場合によっては副作用がみられることもあります。
胃に違和感を覚えたり吐き気を感じるなど個々により様々です。
時折、既に生じている病気を悪化させる恐れもあります。
こうした点を踏まえつつ完治にむけて用いることが大切です。

生活の中で感染症を予防する方法

普段の生活の中で、感染症をできるだけ予防する方法について説明していきます。
感染症になってしまいますと、さまざまな症状が引き起こされてしまい、場合によっては命の危険になってしまうこともあります。

ですので、なるべく感染しないように注意しなければいけないです。

生活の中で、できる予防法ですけど、まずは手洗いうがいがあります。
手と口の中を清潔にしておく事によって、ある程度の予防効果があります。

帰宅した時、食事をとる時などは必ず行うようにします。
また、トイレの後もしっかりと手洗いをしていくようにします。

次に、空気清浄機を部屋の中において、使用する事です。
空気清浄機は、空気を綺麗にしてくれますけど、ウイルスなどもある程度、防ぐ事ができます。
ですので、部屋の中で使用するのと使用しないとでは大きな違いがでてきます。

購入する時に数万円ぐらい必要になりますけど、感染症の1つの予防策になってきます。

また、感染症になっている人に近づかないということも大事になってきます。
また、マスクもしっかりと着用します。
普通のマスクではなくて、きちんとウイルスなどの侵入を防いでくれる高品質のマスクを着用するようにしていきます。

感染症を防ぐための極意

インフルエンザやRSウィルスは、人から人へ移る感染症です。
これらのウィルスは高温・多湿に弱いのが特徴で、冬になり、空気が乾燥してくると流行り始めます。
この感染症を防ぐ極意は、予防接種や薬などではなく、普段からの生活にあります。

感染症にかかりやすいのは、免疫力が落ちているときです。
免疫力をつけるには十分な休息とバランスのとれた食事がかかせません。
良質な睡眠が取れていれば免疫力が上がります。
積極的に摂りたい栄養素は、免疫システムに欠かせないビタミンCと、エネルギー生産に必要なビタミンBです。
ウィルスの玄関口になる鼻や喉の粘膜を強くしてくれるのはビタミンAです。
忙しいとついつい体のことは後回しにしてしまいがちです。
ちょっと疲れたなと感じたときは栄養のあるものを食べ、早めに休息をとるようにしましょう。
普段から適度な運動を心がけ、体力もつけておくのも有効です。

ウィルスは咳やくしゃみなどで飛沫感染します。
感染症を防ぐために、流行っている時期には人ごみは避けるのが極意です。
部屋の湿度にも気をつけます。
湿度が50%になると、ウィルスの生存率は3%にしかなりません。
感染症は普段からの簡単な心がけで予防することができます。

真菌感染症の種類や適応する薬

真菌とは、いわゆるカビのことです。
味噌の製造に使われるコウジカビやブルーチーズの製造に使われるアオカビなど、無害で食用のものもありますが、有害なものもあります。
そしてその有害な真菌が感染することによって発症した病気を、真菌感染症といいます。

真菌感染症には、カンジダ症やマラセチア毛包炎など、多くの種類のものがあります。
水虫も、白癬菌という真菌による真菌感染症の一種です。

いずれも感染症ですが、真菌が原因となっているため、細菌感染に有効な抗生物質やウイルス感染に有効な抗ウイルス薬では、治すことができません。
真菌感染症に適応する薬は、抗真菌薬となっています。

そして、抗生物質や抗ウイルス薬が、それぞれ適応する細菌やウイルスに効果を発揮するように、抗真菌薬も種類によって適応菌が異なっています。
たとえばカンジダ症の治療に、水虫の治療薬を使用しても、効果は出ないのです。
複数の真菌に効果を発揮する抗真菌薬もありますが、ごく一部です。
したがって、真菌感染症だからとひとくくりに考えて、むやみに抗真菌薬を使うのではなく、まずは病院を受診して真菌の種類を特定してもらい、その上でそれに効果を発揮する抗真菌薬を使うことが肝心です。

抗真菌活性と抗真菌スペクトル

ひと口に真菌と言ってもいろいろな種類があるのですが、抗生物質のような抗菌薬には特定の真菌に効果を発揮するものもあれば、幅広い真菌に対して効果を発揮するものもあります。
この効果を発揮する対象の幅広さのことを抗真菌スペクトルと言います。
ということはこの抗真菌スペクトルを拡大させればさせるほど、より多くの利用範囲が見込めるということになります。
もちろん真菌に対する効果があるということが前提条件としてあります。
この真菌に対する効果のことを抗真菌活性と言います。
強い抗真菌活性を持ち、尚且つ幅広い抗真菌スペクトルを持っているものが優れた抗真菌薬ということになるのです。
白癬菌やカンジダ菌などを原因菌とする病気にはこれらの抗真菌薬が利用されることになりますが、強い抗真菌活性を持っているということは、その副作用についても考慮しなければいけなくなります。
したがって強い抗真菌活性を維持したままで副作用を軽減する手法についてもいろいろな研究がなされています。
いろいろな抗真菌薬がある中で、抗真菌スペクトルが拡大された製品が出てくると、それまでは利用されていなかった症状の出ている患者についても処方されるケースが出てきます。